アクセス

著書,編著・編集,監修,特許

2021年度
2020年度
2019年度
2018年度
2017年度
2016年度
2015年度
2014年度
2013年度


西尾 康宏,伊藤 安海,岸田 亮太郎,鍵山 善之,根本 哲也,皮膚の動的粘弾性特性評価と安全評価用ダミー皮膚の提案,実験力学,16,4,(2016),pp.307-314


Takenobu Sakai,Tomohiro Uchiyama,Shinichi Watanabe,Hiroyuki Innan,Yasumi Ito,Kensuke Kageyama,Effect of Degradation on Viscoelastic Properties of Polyurethane Form,Mechanics of Time Dependent Materials Conference,(2016)

Keiji Onoe, Futoshi Yokota,Yoshiyuki Kagiyama, Yasumi Ito, KoichiroUeki, Akinori Moroi, Norio Takeuchi, Yoshito Otake, and Yoshinobu Sato, Atlas Based Automated Segmentation of Mandible for Preoperative Planning of Sagittal Split Ramus Osteotomy, In Proc. ACCAS2016,(2016), pp.62-64

高橋 潤紀,伊藤 安海,鍵山 善之,伊久美 真也,ヒト材料特性の個人差を考慮した床材の転倒骨折リスク評価法の検討,第二回日中高齢化社会政策と産業化シンポジウム講演要旨集,(2016),p.206

伊藤 安海,櫻川 知也,細井 健人,鍵山 善之,シニアドライバ運転診断・リハビリシステムの開発と社会実装,第二回日中高齢化社会政策と産業化シンポジウム講演要旨集,(2016),p.204

鍵山 善之,中西 裕紀,横田 太,高尾 正樹,小川 剛,菅野 伸彦,大竹 義人,伊藤 安海,多田 幸生,佐藤 嘉伸,人工股関節自動手術計画立案システムにおける大規模症例データ適用による精度調査,第二回日中高齢化社会政策と産業化シンポジウム講演要旨集, (2016),p.212-213

Momoko Watanabe, Yasumi Ito, Yoshiyuki Kagiyama, Tatsuya, Fukuoka, Shohei Daimaru, Tetsuya Nemoto: A Computer Simulation for Use in Impact Force Evaluations: Studies on the Correlation Between Impact Force and Finger Bone Fracture, Proceedings American Academy of Forensic Sciences,Vol.23,(2017),p.604

Yasuhiro Nisio, Yasumi Ito, Ryotaro Kishida, Shohei Daimaru, Yoshiyuki Kagiyama, Tatsuya Fukuoka, Tetsuya Nemoto: Basic Research on the Development of Crash Dummy Skin for Risk Evaluation of Fracture and Skin Injury, Proceedings American Academy of Forensic Sciences,Vol.23,(2017),p.605





伊藤 安海,渡邊 桃子,大丸 祥平,鍵山 善之,衝撃力による指骨の損傷レベルに関する検討 -模擬指骨を用いた実験的調査およびFEM解析による骨折形態の分析-,FOOMA JAPAN 2016アカデミックプラザ研究発表要旨集,Vol 23,(2016),pp.203-206

西尾 康宏,伊藤 安海,岸田 亮太郎,鍵山 善之,根本 哲也,医療・福祉機器の安全性評価のための皮膚の静的-動的力学特性評価と疑似材料の提案,日本実験力学会2016年度年次講演会講演論文集,No.16,(2016),pp.115-116

内山 智弘,坂井 建宣,印南 裕之,渡邉 真一,伊藤 安海,蔭山 健介,床ずれ防止マットレスの化学的劣化が粘弾性特性に及ぼす影響,日本実験力学会2016年度年次講演会, 日本実験力学会講演論文集,No.16,(2016),pp.39-40

根本 哲也,村澤 裕介,伊藤 安海,磯貝 善蔵,近藤 和泉,軟部組織を伝搬した外力の骨損傷への影響,日本機械学会山梨講演会講演論文集,No.160-3,(2016),pp.169-170

尾上 慶次,横田 太,上木 耕一郎,鍵山 善之,伊藤 安海,下顎枝矢状分割術の術前計画支援フレームワークの開発-金属アーチファクト対応を含めた統計形状モデルを用いた下顎骨自動セグメンテーション-,日本機械学会山梨講演会講演論文集,No.160-3,(2016),pp.173-174

西尾 康宏,伊藤 安海,鍵山 善之,櫻本 かおり,根本 哲也,脊椎手術中に顔面で発生する褥瘡の力学的メカニズムの検討,日本機械学会山梨講演会講演論文集,No.160-3,(2016),pp.175-176

渡邊 桃子,伊藤 安海,鍵山 善之,大丸 祥平,福岡 達也,月東 祥一,打撃力評価用疑似生体軟組織の開発と性能評価,日本法科学技術学会誌第22回学術集会講演要旨集,Vol. 21,(2016),p.117

李元斌,尾上慶次,鍵山善之,鈴木健斗,伊藤安海,上木耕一郎,諸井明徳,野田善之,黒田嘉宏,下顎枝矢状分割術における複数術具に対応した手術トレーニングシミュレータ〜ハプティックデバイスを用いた力覚誘導及び操作状況の可視化〜,電子情報通信学会医用画像研究会,電子情報通信学会技術研究報告,医用画像,Vol. 116,No. 393,MI2016-104,121-126

福岡 達也,伊藤 安海,鍵山 善之,渡邊 桃子,高橋 潤紀,大丸 祥平,根本 哲也,生体軟組織の緩衝特性に関する実験的研究,第48回応力・ひずみ測定と強度評価シンポジウム講演論文集,(2017),pp.7-12

櫻川 知也,伊藤 安海,鍵山善之,佐藤 桂,栃木 寛史,ドライビングシミュレータを用いた運転リハビリシステムの効果と脳機能および個人属性との関係,自動車技術会関東支部2016年度学術研究講演会


伊藤 安海, 毎日新聞(山梨版), 2016年04月09日(土)朝刊,運転免許返納 過去最高の1697人,高齢者の運転能力早めの訓練で維持

伊藤 安海, 信濃毎日新聞, 2016年08月05日(金)朝刊,くらし応援,私の声,悩み尽きず・・・免許返納考える

伊藤 安海,テレビ朝日,2016年11月14日(月),報道ステーション(21:54〜23:10),高齢者ドライバーによる事故相次ぐ

伊藤 安海,フジテレビインターネットチャンネル「ホウドウキョク」,2016年11月15日(火),みんなで作る ニュースまとめ あしたのコンパス (19:00〜22:00),高齢者ドライバーによる事故多発

伊藤 安海,TBSラジオ,2016年11月15日(火),荻上チキSession-22(22:50〜23:40),相次ぐ高齢ドライバーの交通事故。その現状と対策

伊藤 安海,RCC中国放送,2016年11月17日(木),本名正憲のおはようラジオ(7:00〜9:00),相次ぐ高齢ドライバー事故、その背景と対策は?

伊藤 安海,テレビ山梨,2016年11月21日(月),UTYニュースの星(18:15〜18:55),高齢者の運転講習会

伊藤 安海(監修),日本テレビ,2016年11月27日(日),真相報道バンキシャ!(18:00〜18:55),高齢者事故を防げる?“自動運転”技術の可能性

伊藤 安海,テレビ新潟,2016年12月1日(木),夕方ワイド新潟一番第3部(18:15〜19:00)

伊藤 安海,NHK総合(中部),2016年12月16日(金),ナビゲーション「あなたの運転大丈夫?〜どう防ぐ 高齢ドライバー事故〜」(19:32〜19:58)

伊藤 安海,2017年2月14日 日本機械学会,日本機械学会フェロー(JSME FEllOW: FELLOW OF THE JAPAN SOCIETY OF MECHANICAL ENGINEERS)に認定

伊藤 安海,毎日新聞(西部夕刊),2017年3月7日(火),STOP!シルバー事故 暴走阻止、町工場の知恵 山梨大の伊藤安海准教授の話

櫻川 知也,伊藤 安海,鍵山善之,佐藤 桂,栃木 寛史,2017年03月08日 2016年度自動車技術会関東支部学術研究講演会,ベスト・ポスター賞

 
伊藤・鍵山(安全医工学)研究室
〒400-8511 山梨県甲府市武田4-3-11 山梨大学工学部機械工学科 TEL/FAX 055-220-8673
 
 
   Copyright(C) 2013 ITO/KAGIYAMA Laboratory, UNIVERSITY OF YAMANASHI. All rights reserved.