アクセス

著書,編著・編集,監修,特許

2021年度
2020年度
2019年度
2018年度
2017年度
2016年度
2015年度
2014年度
2013年度


伊藤安海,[巻頭言]自動運転社会到来に向けた我が国の課題と責任,Biophilia 電子版,Vol.6,No.2,(2017),pp.1-5

根本哲也,伊藤安海,林正実,自動運転社会に期待する高齢者生活支援,Biophilia 電子版,Vol.6,No.2,(2017),pp.45-48

伊藤 安海,超高齢社会における生活支援機器安全性評価のあり方,機械の研究,Vol.69,No.10, (2017),pp.856-862

伊藤 安海,高齢者と自動車運転―高齢者ドライバの課題と展望,自動車技術,Vol.71,pp.20-25

伊藤安海,交通安全問題を自動車運転と疾患・認知機能との関係から考える(前編),医学のあゆみ,Vol.264, No.2,(2018),pp.200-201

伊藤安海,交通安全問題を自動車運転と疾患・認知機能との関係から考える(後編),医学のあゆみ,Vol.264 ,No.3,(2018),pp.277-278


Tatsuya Fukuoka Yasumi Ito, Momoko Watanabe, Yoshiyuki Kagiyama and Tetsuya Nemoto: The Advancement of the Evaluation Method of Fracture Risk by Blow Using Computer Simulation - Calibration by Actual Fracture Experiment-, Proceedings American Academy of Forensic Sciences 70th Annual Scientific Meeting, Vol.24, (2018), p.430


伊藤安海,高齢ドライバ特性に関する研究のポイントと実践,JSAEシンポジウム(講習会「自動車開発における人間工学の理論と実践‐ドライバの特性を考えた車づくり‐」),講演予稿集No.03-17,(2017),pp.61,2017.9.12(産業技術総合研究所臨海副都心センター)

伊藤安海,医工学〜医療機器開発から科学捜査・自動運転〜,自動車技術会関東支部2017年度特別講演会,2018.1.30,(東京都千代田区:如水会館)

伊藤安海,高齢ドライバー運転能力評価指標および運転リハビリ手法〜富士河口湖町シニアドライバー支援事業における検討〜,第13回交通科学シンポジウムプログラム・抄録集,2,2018.3.5,(東京都千代田区:連合会館)


伊藤安海,渡邊桃子,福岡達也,鍵山善之,外力と指骨損傷レベルに関する検討 -骨折リスク評価用ダミー指の開発および現場への応用-,FOOMA JAPAN 2017 アカデミックプラザ研究発表要旨集,Vol.24,(2017),pp.330-333

根本哲也,冨村敦子,伊藤安海,原田敦,軟組織を伝搬する際のシミュレーション,第8回MECHANICAL FINDERユーザー研究会講演要旨集,(2017),2-1

西尾康宏, 伊藤安海, 福岡達也, 近藤聡太, 鍵山善之, 櫻本かおり, 三井広, 根本哲也, 腹臥位手術中に顔面で発生する褥瘡への力学的対策とその検証, 日本実験力学会2017年度年次講演会講演論文集, No.17, (2017), pp.159-160

福岡達也, 伊藤安海, 渡邊桃子, 鍵山善之, 根本哲也, ダミー皮膚を用いた骨折リスク定量評価法の提案, 日本実験力学会2017年度年次講演会講演論文集, No.17, (2017), pp.161-162

伊藤安海,西尾康宏,櫻本かおり,杉田俊江,金丸明美,三井広,根本哲也,ひずみゲージを用いた皮膚ひずみ測定法による脊椎手術中に顔面で発生するせん断ひずみの定量評価,日本褥瘡学会誌(第19回日本褥瘡学会学術集会抄録集),Vol.19, No.3, (2017),pp.343,2017.9.15(ホテルメトロポリタン盛岡本館)

李元斌,横田太,上木耕一郎,鍵山善之,伊藤安海,下顎枝矢状分割術の術前支援フレームワークの開発‐多階層統計形状モデルを用いた下顎骨自動セグメンテーション‐日本機械学会山梨講演会講演論文集,No.170-3,(2017),pp.147-148

根本哲也,冨村敦子,村澤 裕介,伊藤安海,原田敦,軟部組織を伝播する負荷を考慮した骨損傷シミュレーション,日本機械学会山梨講演会講演論文集,No.170-3,(2017),pp.149-150

西尾康宏,伊藤安海,福岡達也,鍵山善之,毛利勇人,機器安全評価のための皮膚変形状態定量化手法の検討 -面積および厚さ方向の皮膚ひずみ分布の計測-,日本機械学会山梨講演会講演論文集,No.170-3,(2017),pp.153-154

渡邊桃子,伊藤安海,鍵山善之,福岡達也,松原知貴,根本哲也,指骨骨折リスク評価へのFEM解析の応用,日本法科学技術学会第23回学術集会講演要旨集,Vol.22,Supplement,(2017),p.97

根本哲也,冨村敦子,村澤祐介,伊藤安海,磯貝善蔵,原田敦,コンピュータシミュレーションによる骨損傷状態推定において外力が軟部組織を伝搬する際の影響,日本法科学技術学会第23回学術集会講演要旨集,Vol.22,Supplement,(2017),p.98

近藤聡太,伊藤安海,西尾康弘,福岡達也,鍵山善之,根本哲也,ヒト皮膚動的力学特性の定量的測定法の高精度化,第49回応力・ひずみ測定と強度評価シンポジウム講演論文集,(2018), pp.65-70

新村魁斗,伊藤安海,渡邊桃子,福岡達也,松原知貴,鍵山善之,大腿骨骨折リスク低減床材の開発に向けた基礎的研究,第49回応力・ひずみ測定と強度評価シンポジウム講演論文集,(2018), pp.77-82

松原知貴, 伊藤安海, 鍵山善之, 渡邊桃子, 福岡達也, 新村魁斗, 根本哲也,法科学における頭蓋骨骨折荷重推定へのFEM活用手法の検討, 日本機械学会関東学生会第57回学生員卒業研究発表講演会講演論文集, (2018), 1609

奥脇遼太,伊藤安海,酒井田勝太,佐藤桂,鍵山善之,奥谷知克,音楽介入が運転操作に及ぼす心理・生理応答の基礎的検討,自動車技術会関東支部2017年度学術研究講演会

酒井田勝太,伊藤安海,奥脇遼太,櫻川知也,鍵山善之,佐藤桂,奥谷知克,簡易ドライビングシミュレータを用いた運転リハビリシステムの効果と各種能力診断および行動傾向との関係,自動車技術会関東支部2017年度学術研究講演会

長澤直祐,鍵山善之,李元斌,黒田嘉宏,吉元俊輔,大城理,伊藤安海,整形外科人工股関節全置換術におけるハプティックデバイスを用いたステム術前計画支援システムの開発,日本機械学会関東学生会第57回学生員卒業研究発表講演会講演論文集Web版,(2018),1508

北村祐規,鍵山善之,李元斌,上木耕一郎,諸井明徳,竹内則雄,伊藤安海,歯科口腔外術前計画における三次元咬合重心自動特定の開発,日本機械学会関東学生会第57回学生員卒業研究発表講演会講演論文集Web版,(2018),1606


伊藤安海,『週刊ニュース深読み』深読みコーナー「父さん母さん!いつまで乗るの? 高齢ドライバー事故をどう防ぐ」に専門家として出演, NHK総合テレビ, 2018年1月20日(土)8:45〜9:28

新村魁斗,2018年01月20日 第49回応力・ひずみ測定と強度評価シンポジウム,学生優秀発表賞

伊藤安海,『ニュースシブ5時』特集「運転したい!でも… 高齢者の事故どう防ぐ」に専門家として出演, NHK総合テレビ, 2018年2月26日(月)17:40〜17:56

伊藤 安海, 朝刊,人・かお・トーク「自動運転社会考える 山梨大大学院准教授(総合研究部)・伊藤安海さん」, 毎日新聞(山梨版), 2018年03月03日(土)

伊藤安海,日本経済新聞(夕刊),2018年3月12日(月),デンシバSpotlight「高齢者の免許返納が急増 運転やめて健康リスクも」

伊藤安海,朝日新聞読書面,2018年3月18日(日),(新書)所正文・小長谷陽子・伊藤安海著『高齢ドライバー』

 
伊藤(安全医工学)研究室
〒400-8511 山梨県甲府市武田4-3-11 山梨大学工学部機械工学科 TEL/FAX 055-220-8673
 
 
   Copyright(C) 2013 ITO Laboratory, UNIVERSITY OF YAMANASHI. All rights reserved.